ボーイから1年で店長に!?キャバクラの店長体験談

この記事ではボーイとして採用されてから、たった1年で店長になったイノウエさん(仮名)の体験をご紹介したいと思います。

ボーイを始めてから1年で店長になった

イノウエさんは高校卒業と同時に上京しました。

上京した理由は、「何となく東京に出さえすればやりたいことが見つかるかも?」というフワッとしたものだったそうです。

高校生時代はアルバイトに明け暮れていたので、ある程度まとまった金額のお金を持っていたこともあり、最初の1ヶ月は適当に遊んでいたのですが、このままではすぐに貯金が底をつくと思い、アルバイトを探しはじめました。

そんなイノウエさんの目に留まったのは、

「年収1,000万円も可能!」


というボーイの求人情報です。

「儲かる上にタダでキャバ嬢と遊べるとかスゲェな」という下心いっぱいの気持ちで即応募してみたところ、人手不足だったせいか即日採用されました。

実際にお仕事を始める前は、「ただちょっと掃除したり適当に酒運んでるだけでいいだろう」と考えていたそうですが、現実はそう甘くはありません。

開店前から閉店まで、激務に次ぐ激務だったそうで、初日の時点で

「よーしやめよう もう今日やめよう......」

と思いながら適当に仕事をしていたそうです。

適当に仕事をしながら1週間程度が経ったとき、先輩ボーイからのある一言が、イノウエさんの負けん気に火をつけてしまいます。

「お前なんかいてもいなくても変わらないからもう来なくていいよ」

といわれたそうです。

元々勝気な性格な上、当時はまだ若かったイノウエさんはその一言に

「ふざけんな! お前より出世してその内顎で使ってやるからな!」


と意気込んでしまいます。

それからは人が変わったように仕事に打ち込み、4ヶ月後にはマネージャーに昇進。

1年後退職する社員の後を継いで、店長に抜擢されるほどになりました。

全員から信頼される人であるべき

イノウエさんは、負けん気がきっかけで真剣に仕事をするようになりましたが、徐々に自分の働きを認めてくれる人が出てくるようになり「仕事を通じて信頼を得ることはすごいことなんだな」と思うようになったそうです。

実際にイノウエさんの先輩社員はボーイやキャバ嬢からも慕われていて、すぐに出世して店長になったそうです。

その姿を見て、働くということに対する認識が180度変わったといいます。

がむしゃらに仕事をするだけじゃなく、「人間性も大事なんだ」と気づいたそうです。

【必見】キャバクラのボーイが出世していくには

ボーイの憧れである店長になるためには、どんどん仕事を覚えて出世していく必要があります。

この記事では、出世していくために必要な、できるボーイに求められるスキルを紹介しましょう。

昇進・昇格が早い仕事

キャバクラは実力主義ですので、昇進するスピードは他のお仕事より格段に早いです。

早い人であれば、ボーイになって数ヶ月でマネージャーに昇進することも珍しくはないでしょう。

また過酷な職場環境が原因で欠員が出た際に、繰り上げで役職がつくことも頻繁にあります。

このようにボーイは、上を目指せるチャンスが沢山あるお仕事です。

コミュニケーション能力が重要

出世の早いボーイは、まず間違いなくコミュニケーション能力が高いです。

キャバクラは他の接客業とは違い、「コミュニケーションそのもの」をお客さんに提供する究極の接客業ですので、お客さんへの受け応えは完璧にこなさなければいけません。

物ではなく、満足感にお金を支払ってもらう以上、当たり前のことといえるでしょう。

また自分と同じボーイやからの信頼を得ることも出世の必須条件ですが、そのためにもコミュニケーション能力は重要なスキルであるといえます。

出世をするということは、ただ単純に給料が上がるわけではありませんし、仕事内容が変わるだけでもありません。

同僚として働いてきた仲間に、指示を出す立場になるということです。

同僚にしてみれば、昨日までは同格だった人が、いきなり自分の上司になるのですから、中には納得がいかないと思う人もいるかもしれません。

しかし、人事の内容に納得いかない人がいるということは、普段のコミュニケーションに不足があったということなのです。

上司になるということは、偉くなるということではありません。

他の従業員に支えてもらいながら、より大きな目標に挑むということです。

頭の回転・要領の良さも重要

これはナイトワークに限ったことではありませんが、頭の回転が早い人や、要領が良い人も出世するスピードが早い傾向があります。

なぜならこれらの要素も、コミュニケーション能力と同じく、周囲の同僚からの信頼を得るために不可欠なものだからです。

周囲の人から、「よし!これからはこいつを支えてやろう!」と思ってもらえるような実力を示せていないようでは出世からは程遠いですし、たとえ出世してもすぐに降格することになるでしょう。


引用:https://pluspiritual.com/archives/519

  • 1

Copyright © 年収1000万越えも!?キャバクラのボーイになって店長を目指す 2018 All Rights Reserved.